Alexa Amazon Echo 2017年度内に 日本国内で販売開始 話しかけるだけで回答

AmazonからAlexa Amazon Echoの発売が開始されます。

具体的な価格に関しては未定ですが、これは非常に楽しみなことではないでしょうか。

これら製品というのは海外ではすでに発売されており、人気もかなりのものになっておりました。ついに日本で発売されるということで、かなり売れる機種であることは間違いありません。

SIRIのようなもの?

基本的にはこれはSIRIのようなものです。

家族全員が利用することが出来るSIRIと思ったらいいのではないでしょうか。

特にお子さんのいる家庭では非常に楽しく利用することが可能かと思います。大人だけなら逆にSIRIでも十分じゃないの?と思いますが・・・

音楽などを聞くことが出来たり、そこから検索の結果を返してくれたりと非常に利用用途としては面白いコンセプトですが、ある程度他の代替え機種でも出来るということを考えるとそこまですごいという感じではないのかもしれませんね。

他の機種でもある程度色々なことができます。

やはりスマホを持っていないお子さんのいる家庭ならこれを持っていても威力を発揮しそうですね。

Amazonからの案内

~ Alexaをともに作り上げ、進化を支えてくださるお客様を対象にした招待制での購入が可能に ~

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本に展開し、事前に購入を希望されたお客様には招待制でEchoを購入できるようにすると発表しました。さらにAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本のお客様に向けて世界中の開発者がさまざまなAlexaによる音声体験を構築できるよう支援します。

Amazon.comのAlexa担当 バイス・プレジデントのトニー・リード(Toni Reid)は、次のように述べています。

「AlexaとEchoに対するこれまでのお客様の反応は極めて良好です。Amazonは、AlexaとEchoを年内に日本のお客様に提供し、お客様とともにAlexaを作り上げ、進化させていけることをとても嬉しく思っています。また、ASKとAVSを提供することで、新規および既存の開発者が日本のお客様のために革新的なAlexa体験を創造してくれることを期待しています。」

Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応

Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

Alexa – Amazon Echoを支える頭脳

Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

Alexa Skills Kit(ASK) – 新しいAlexaスキルを作成するツール

Amazonは、日本のお客様に向けて開発者がAlexaスキルを作成できるようASKを提供する予定です。セルフサービス型の各種APIとツール群で構成されるASKによって、開発者がAlexa用の新しい音声駆動型機能を迅速、容易に作成できるようになります。Amazonがお客様の発する音声指示をAlexaが認識する、理解する、処理するといった一連の流れをすべて担うため、音声認識や自然言語処理の知識は必要ありません。日本のパートナーの一部には事前にAlexaスキルの作成を進めていただいております。これらのスキルは、株式会社NTTドコモ、クックパッド株式会社、KDDI株式会社、積水ハウス株式会社、ソフトバンク株式会社、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー株式会社、株式会社リクルートホールディングス他のパートナーより提供される予定です。

Alexa Voice Service(AVS) – ハードウェアメーカーはAlexa対応製品の開発が可能に

AVSの使用により、ハードウェアメーカーの製品開発者はAlexa対応の製品を開発することが可能となり、接続されたあらゆるデバイスを音声で制御できるようになります。これによりお客様は、常に進化し続けるAlexa独自の機能に加え、スマートホーム端末を音声で操作したり、さまざまなAlexaスキルを利用できるようになります。 AVSは、API、ハードウェア開発キット、ソフトウェア開発キット、ドキュメントなど、自社製品を迅速かつ簡単にAlexaに対応させることを可能にするリソースを開発者に提供します。アンカー・ジャパン株式会社、HTC Corporation、オンキヨー株式会社、ハーマンインターナショナル株式会社ほかの企業はすでに、日本市場向けにAVSを使用したAlexa対応製品の発売を計画しています。

Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)は、年内に日本でも展開する予定です。ASKおよびAVSの詳細は、https://developer.amazon.com/ja/alexa をご覧ください。

引用元:amazon-press

初回投稿日:2017年10月9日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする